2008年 福井焼き畑の会  (火入れ編)

2008年8月2日(土) AM9:00 火入れ。

当初の予定は8月3日(日)に予定していましたが、日曜日はどうも雨が降りそうだということで、2日に変更になりました。木曜日に急遽変更したにも関わらず、参加人数は10人以上の参加がありました。

1時間ほど防火帯の整備と、畑の中で伸びている草を刈り取り、AM10時から火入れをしました。北倉氏が畑に簡単に清めの塩とお酒をまき、新人が火を入れました。今年は、火の燃え方が良いですね。ここ数年来の燃え方です。枯れ草の量が少ないため、燃え広がっては行きませんが、いい感じで燃えています。いくつか点在している枯れ草の固まりは燃えさかっています。枯れ草がちゃんと乾燥しているためでしょうか。

今年は、新人君の火入れです。   (DOKI !DOKI ) やった v(⌒o⌒)v gohogoho    動画1動画2もあるでよ

7月28日(月)に、金沢では浅野川が氾濫したり、福井市でも激しい雨がふって、北陸地方もスコールが降るようになったようです。しかし、夏の日差しは強いので、刈り取った草は1週間でからからに乾燥したようです。

1時間ほどで全体を燃やしましたが、燃え残りもかなりあり、これらを集めて「こつ焼き」をしました。「こつ焼き」では、灯油をかけて焼きましたが、木の枝は太さが2,3Cm程度でも乾燥が足りないためか、燃え残ってしまいました。最後にこれら焼け残りを捨てて、畑をきれいにして午前中の作業は終了です。

こつ焼きはベテラン君の出番です。 灯油をかけて盛んに燃やします。 向かい側からの全景です。

1時間の昼食休憩後に種まきです。。地面は余熱でまだ熱いのに種まきです。赤カブの種は熱に強いのです。

縦一列に並んで種をまきます。腹も膨れて気合い十分です。

 

←火入れが終わり、燃えカス等を捨てて、きれいにした畑

(気持ちが良いですね)

種をひとつまみつまんで、少しずつ均等に落としで行きます。

後日芽が出るのを見ると、かたまって生えているのがわかりますけどね。

月曜日には雨が降ったので、今年は豊作が期待されます。  o(^o^)o ワクワク


我が家のレポートに戻る (その1 草刈り編) (その2 火入れ編)