加賀野菜のケーキを買いに行きました


福井テレビで金沢に加賀野菜を使ったケーキ屋さんがあることを妻が知ったので、2004年2月21日に買いに行ってきました。

お店は”エンゼル”という名前で、金沢市内からちょっと離れた野々市との市境の福増町南79−1にあり、周りは工場街です。

建物はちょっと地味な感じのケーキ屋さんです。

 店主の裏野さん


50才前後の店主の裏野さんが、農業センターの祭りの時に「打木赤皮甘栗かぼちゃ」のスープを飲んだのがきっかけで、このかぼちゃをお菓子に取り入れ、今では多くの加賀野菜を使ったお菓子を作るようになったとのことです。

TVを見て福井から買いに来たことを話すと、富山から来た人はいたけど、福井からは初めてと言って、大根のケーキとか醤油のケーキを食べさせてくれました。 (ラッキー (@^0^@)  奥さんごちそうさまでした)

私たちも早速店で、「加賀レンコンシフォンケーキ」「カボチャのフルーツシフォンケーキ」を食しました。カボチャのケーキは、すっきりした切れのよい味わいで美味しかったように思えます。レンコンシフォンケーキは、シフォンの中に微細なレンコンが入っていましたが、レンコンの味はよくわかりませんでした。加賀レンコンの特徴が出ていたかどうかはちょっと疑問かな?

右が「加賀レンコンシフォンケーキ」で、左が「フルーツシフォンケーキ」です。

上のフルーツとチョコレートを食べると、下のシフォンに行き着きます。


基本的に加賀野菜を使ったケーキと焼き菓子が店の主力製品の様で、他にちょっとチョコレートケーキと調理パンも売っていました。ただ、焼き菓子は、私には少々甘すぎるように感じられました。

今後も加賀野菜を使った新たなケーキの発明をお願いします。


我が家のレポートに戻る