おいしい奥越体感 〜 水菜編 〜


2003年3月29日 勝山の”北市水菜”の産地で有名な猪瀬地区の催しに参加しました、今回は猪瀬公民館での料理講習会と、近くの圃場で水菜の収穫です。 (周辺MAP)

圃場ではたくさんの水菜を袋いっぱい収穫しました。水菜の下の方の茎を鎌で切り取りますが、 非常に柔らかくてサクッサクッと切れます。

下の方の葉は切らないようにしますが、これはしばらくすると芽が出て、再びまた収穫することが出来るためです。

ここで30分ほど収穫した後、猪瀬公民館に戻りました。

勝山の水菜は福井市内でも作られていますが、味が違います。福井の方に出荷されているこちらの勝山水菜は「北市水菜」という名称で出回っていますが、こちらではその他に3つの勝山水菜があります。「平泉寺水菜」「郡水菜」「さんまい水菜」です。「平泉寺水菜」は大根の葉のように葉がギザギザになっており、また 「郡水菜」(写真左)は北市水菜より色が白くてすらっとしています。ちょっと北欧美人の感じかな? ^^;

「北市水菜」は、福井のスーパで売られていますが、見ていると他の緑黄野菜に比べて販売価格が若干高いため、あまり売れていないような気がします。しかし、病害虫の発生が少ないので☆農薬をほとんど使っていないということや、☆ガンに効くということをアピールしていけば、もっと売れるような気がします。食の安全というものに消費者は敏感ですからね。(ガンに効くというのは2003年の2月の日刊県民福井に掲載されていました)

話は、余談になりましたが本日のメインの 料理講習会 に戻ります。

料理講習は、水菜を使った新しい創作料理2点です。”スタミナ丼”と”雪菜汁”です。”スタミナ丼”は、名の通りふんだんな牛肉とニンニクに、水菜たっぷりの健康スタミナどんぶりです。詳しいレシピは下にあります。この料理は浅田クッキングスクールの先生に教えて頂いたそうですが、若い人にも好評ということです。

左上から、浅漬け、辛子和え

左下から、スタミナ丼、雪菜汁


この食事を食べている時、隣で食事していた地元の方から”以前来た人では”と言われ、確かに2年前に「るるぶ」で訪れた時にあったことのある人でした。やっぱり頭が薄いのは目立ったのかな? ( 食事会場風景 ちょっとアングルがよくありませんが ^^:

なお、今年から福井市の下記の場所で、勝山水菜をはじめとした奥越の産物が販売されるそうです。是非皆さんも一度行って、奥越の味を堪能してください。

開店日 平成15年4月5日〜12月上旬 (以後継続してこの地で開催)
時 間 AM8:00〜AM10:00
場 所 木田橋通り福井市木田公民館の前(福井市春日町20−4 川下商店車庫
出展物 大野市、勝山市、和泉村の農家が生産する農、林産物、花類、山菜、加工食品(味噌、青豆とうふ、餅類など)

私の家は木田にあるのでこれから美味しいものが食べれるので楽しみです。

■■ 本日のレシピ ■■

スタミナ丼 (5人前分量) エネルギー  775Kcal

材料

  

      下準備  
  勝山水菜         1把   勝山水菜はサッと茹でて2cm長さに切る
揚げ出し         1枚 厚揚げは半分に切って5mm幅に切る
だし             1C 牛肉は2cm幅に切る
みりん、しょうゆ   各大4 たれをあわせて煮詰める
水溶き片栗粉 大1 ねぎは小口切りにする
       
  牛もも薄切り肉    500g 作り方
塩こしょう        適宜   鍋にだしと調味料と厚揚げを入れて火にかけ、沸騰してきたら水菜をいれて再沸騰したら水溶き片栗粉でとろみをつける
にんにく薄切り 1片
ごま油 大2
しょうゆ 1/2C
みりん 1/2C
砂糖 大2 フライパンにごま油とにんにく薄切りをゆっくり炒め、カリカリになったらニンニクを取り出す
コチュジャン 小1
小1
白ごま

大1

にんにくみじん 小1 強火にして、牛肉を手早く焼き、たれを大さじ3〜4杯加えてからめる
     
  ねぎ 小2本
ごはん 5杯

 

雪菜丼 (5人前分量) エネルギー  86Kcal

材料

  

      下準備  
  勝山水菜         1把   勝山水菜はサッと茹でて2cm長さに切る
里芋         3個 里芋は皮をむいて半分切り、薄切りにする
人参             少々 人参は千切り、ネギは小口切りにする
きのこ   100g きのこは薄切り、または小房に分ける。
ねぎ 1本 ショウガは千切りにする
ショウガ 小1 卵は割りほぐす
3個  
      作り方
  だし   500g   鍋にだしと調味料、きのこ、人参、里芋を入れて火にかける
塩        適宜
1片
しょうゆ 大2 野菜が柔らかくなったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ卵を糸状に入れる。
水溶き片栗粉 1/2C
 

再沸騰してきたら勝山水菜、ねぎを入れて火を止める。

 


我が家のレポートへ戻る